Open Source Subnet An independent Open Source community View more

Notification: SQLite 3.7.15.1, 3.7.15

SQLite 3.7.15.1, 3.7.15

プロジェクトホーム: http://www.sqlite.org/

ライセンス: https://olex.openlogic.com/licenses/sqlite_public_domain_license

SQLiteは、軽量で高速な組み 込み型SQLデータベースエンジン です。アトミックコミットやロールバック、サブクエリ、結合クエリ、トリガ、ビューやトランザクションのサポートなどを含む多くのSQL92をサポートします。す べてのデータベースは、単一のクロスプラットフォームのディスクファイルに格納されます。C/C++ APIはシンプルで簡単に利 用できます。その他の言語用のバインディングが利用可能です。

SQLite is a small, fast, embeddable SQL database engine that supports most of SQL92, including transactions with atomic commit and rollback, subqueries, compound queries, triggers, and views. A complete database is stored in a single cross-platform disk file. The native C/C++ API is simple and easy to use. Bindings for other languages are also available.

SQLite 3.7.15.1:

全てのリリースノートはこちらをご参照ください。

AS名がWHERE句のSELECTステートメントから返される際のセグメンテーション違反が修正されました。

Full Release Notes

Fixed segfault if the AS name of a result column of a SELECT statement is used as a logical term in the WHERE clause.

SQLite 3.7.15:

全てのリリースノートはこちらをご参照ください:

  • sqlite3_errstr()インターフェースが追加されました。
  • SQLITE_SCHEMAエラーによってステートメントが自動的に再度準備された際、sqlite3_trace() callbackが複数回呼び出されるのを防ぎます。
  • Windows Phone 8プラットフォームに対するサポートの追加。
  • INオペレーター処理の改善によって数値のインデックスが使用できます。
  • 可能な場合、インデックスがより小さく、少ないI/Oでスキャンがされるのでcovering indicesを使用して全てのテーブルのスキャンを行います。
  • クエリオプティマイザの改善によりORDER BY句がより強力に最適化しました。特にカラムがJOINやORDER BYで使用される場合です。 
  • 仮テーブルを使用したサブクエリを作成する代わりにコルーチンとしてFROM句のサブクエリを実装するための機能の追加しました。
  • コマンドラインshellの強化。

Full Release Notes

  • Added the sqlite3_errstr() interface.
  • Avoid invoking the sqlite3_trace() callback multiple times when a statement is automatically reprepared due to SQLITE_SCHEMA errors.
  • Added support for Windows Phone 8 platforms
  • Enhance IN operator processing to make use of indices with numeric affinities.
  • Do full-table scans using covering indices when possible, under the theory that an index will be smaller and hence can be scanned with less I/O.
  • Enhance the query optimizer so that ORDER BY clauses are more aggressively optimized, especially in joins where various terms of the ORDER BY clause come from separate tables of the join.
  • Add the ability to implement FROM clause subqueries as coroutines rather that manifesting the subquery into a temporary table.
  • Enhancements the command-line shell
Join the Network World communities on Facebook and LinkedIn to comment on topics that are top of mind.
Must read: Hidden Cause of Slow Internet and how to fix it
Notice to our Readers
We're now using social media to take your comments and feedback. Learn more about this here.