Open Source Subnet An independent Open Source community View more

Notification: Struts 2.3.7 - Tomcat 7.0.34 - PostgreSQL 9.2.2, 9.1.7, 9.0.11, 8.4.15, 8.3.22

Struts 2.3.7

プロジェクトホーム:http://struts.apache.org/index.html

ライセンス:https://olex.openlogic.com/licenses/apache-2_0-license

Apache Strutsプロジェクトは、Model 2のアプローチに基づくアプリケーション・アーキテクチャー促進するwebアプリケーション・フレームワークを提供します。クラッシックなModel-View-Controller (MVC)設計パターンのModel 2アプローチは、広く受け入れられ続けています。Controller servlet(または同等のもの)は、どのJSP要求を送信し、どのJavaBeansがインスタンス化されるかを決定することによりビジネスロジックの実行を管理します。これはサーバーページにプレゼンテーション・ロジックを残します。

The Apache Struts project provides a web application framework that encourages application architectures based on the Model 2 approach. The Model 2 approach, a variation of the classic Model-View-Controller (MVC) design pattern, continues to gain broader acceptance. Under it, a Controller servlet (or equivalent) manages the business logic execution by determining which JSP to forward the request to and which JavaBeans to instantiate. This leaves the presentation logic in the server pages.

Strutsプロジェクトは使いやすいコントローラー・フレームワーク(加えて追加のツールキット)を提供することにより、Model2デザインを促進します。このフレームワークは、開発者がウェブを構築するのに使用するすべての主なモデルやビューの技術を統合します。サポートされたモデル技術はJDBCやEJBを含みます。ビュー技術はJavaServer Pages、Velocity Templates、XSLTや他のプレゼンテーション・システムを含みます。Strutsは標準的なRESTアプリケーションやAJAXにも対応しています。

Java に対し最もポピュラーなwebアプリケーションで広く認識されたStrutsは、十分に文書化さ れ、発達し、サポートされたフレームワークです。

The Struts project encourages Model 2 design by providing an easy to use Controller framework (plus additional toolkits). The framework integrates with all major Model and View technologies in use by developers building for the web. Supported Model technologies include JDBC and EJB; View technologies are JavaServer Pages, Velocity Templates, XSLT, and other presentation systems. Struts is also compliant with conventional REST applications and AJAX.

Struts, widely recognized as the most popular web application framework for Java, provides a mature, well-documented and well-supported framework.

すべてのリリースノートはこちらをご参照ください。

  • ポートレット環境でTilesをサポートする新しいプラグインが追加されました。
  • プラグインでパッケージ継承が可能になりました。

Full Release Notes

  • New plugin was introduced to support Tiles result in Portlet environment
  • Allow Package Inheritance in Plugins

Tomcat 7.0.34

プロジェクトホーム:http://tomcat.apache.org/

ライセンス:https://olex.openlogic.com/licenses/278

サン・マイクロシス テムズはJava開発者のために、リ ファレンス実装を行うTomcat JSP/Servletコンテナーを選びました。ウェブ・アプリケーション・ポータビリティーが必要な場合、開発環境でTomcatを使用することができるということは適切な選択です。アプリケーションサーバで発見されるセキュリティー問題は希ではないので、最新の利用可能なバージョンへのアップグレードを推奨します。

Sun chose the Tomcat JSP/Servlet container to serve as the Reference Implementation for Java developers. This makes using Tomcat as your development environment a solid choice if you desire Web application portability. As it is not atypical for security issues to be discovered in application servers, OpenLogic recommends upgrading to the latest available version of Tomcat.

Tomcatは最新のServletJSP仕様をサポートし、JSP Standard Tag LibraryJakarta JSTL)のような新しい機 能を得ています。そして主なコンテナー・ベンダーによって、最終的にインプレメントされる新しい機能を試すのに最適な場所となります。JBossアプリケーション サーバーは、統一J2EEコンテナーを提供するTomcatと共に適切な処理を 行います。

Tomcat generally supports the latest servlet and JSP specifications, often receiving new features like JSP Standard Tag Library (Jakarta JSTL) first, which makes it a wonderful place to try out new features that will eventually be implemented by all the major container vendors. JBoss Application Server works well with Tomcat to provide a unified J2EE container.

全てのリリースノートはこちらをご参照ください:

  • webアプリケーション起動時のアノテーションのスキャンが失敗する際のエラーメッセージの改善。これは不十分な設定やアプリケーションのクラスを使用した不適切に継承が循環することなどが原因でした。
  • 非GMTの時間帯を使用している場合のAccessLogValveのユニットテストの修正。
  • FiltersとServlets名が引用符で囲まれた文字列を含む場合、JMXのレジストリでFiltersとServletsの正確なレジストレーションを確認にします。
  • AccessLogValveへ新しい属性renameOnRotateの追加。
  • BASIC認証のユニットテストが修正されたことによりセッションタイムアウトが適切にテストされます。リファクタリングユニットテストで追加のテストを簡単に追加できるようになりました。Brian Burchによってパッチが提供されました。
  • レスポンスにエラーフラグが設定されている場合、ErrorReportValveがエラーレポートのみを生成していることを確認します。
  • アクセスログバルブでタイムゾーンの扱いが簡単になり、様々な非標準の夏時間の変更が適切に扱われるようになりました。

Full Release Notes

  • Improve error message if annotation scanning fails during web application start due to poor configuration or illegal cyclic inheritance with the application's classes.
  • Fix unit test for AccessLogValve when using non-GMT time zone.
  • Ensure correct registration of Filters and Servlets in the JMX registry if the Filter or Servlet name includes a character that must be quoted if used in an ObjectName value.
  • Add new attribute renameOnRotate to the AccessLogValve.
  • Correct unit tests for BASIC authentication so that session timeout is correctly tested. Also refactor unit test to make it easier to add additional tests. Patch by Brian Burch.
  • Ensure the ErrorReportValve only generates an error report if the error flag on the response has been set.
  • Simplify time zone handling in the access log valve and correctly handle various edge cases for non-standard DST changes.

PostgreSQL 9.2.2, 9.1.7, 9.0.11, 8.4.15, 8.3.22

プロジェクトホーム: http://www.postgresql.org/

ライセンス:https://olex.openlogic.com/licenses/postgresql-bsd-license

PostgreSQLプロジェクトは以下を含むリレーショナル・データベース管理システム (RDBMS) を提供します:

  • サブクエリ
  • ビュー
  • 外部キー制約
  • ストアード・プロシージャー
  • トリガ
  • 標準SQLのサポート
  • クエリ・エンジン
  • マルチバージョン・コンカレンシー・コントロール

これに加えて、新しいデータタイプ、機能、インデックスメソッドがあります。

The PostgreSQL project provides a relational database management system (RDBMS) that offers the following:

  • subqueries
  • views
  • foreign key constraints
  • stored procedures
  • triggers
  • support for the SQL standards
  • a query engine
  • multiversion concurrency control

Additionally, it can be extended in many ways by adding new data types, functions, index methods, and more.

9.2.2:

全てのリリースノートはこちらをご参照ください:

  • CREATE/DROP INDEX CONCURRENTLYと関連のある様々なバグが修正されました。
  • DROP INDEX CONCURRENTLYに対する述語ロックの修正。
  • WALリプレイ中のバッファロックの修正。
  • GINインデックスに対するWAL生成ロジックでのエラーを修正。
  • SP-GiSTインデックスに対するWALリプレイロジックのエラーを修正。
  • WALリカバリ中の誤ったベースバックアップ終了位置の検出を修正。
  • 通常実行状態にホットスタンバイサーバを昇進させる場合に、起動処理の仮想XIDロックを適切に削除されます。
  • スタンバイモードで"out-of-sequence timeline ID"エラーを防ぎます。

Full Release Notes

  • Fix multiple bugs associated with CREATE/DROP INDEX CONCURRENTLY
  • Correct predicate locking for DROP INDEX CONCURRENTLY
  • Fix buffer locking during WAL replay
  • Fix an error in WAL generation logic for GIN indexes
  • Fix an error in WAL replay logic for SP-GiST indexes
  • Fix incorrect detection of end-of-base-backup location during WAL recovery
  • Properly remove startup process's virtual XID lock when promoting a hot standby server to normal running
  • Avoid bogus "out-of-sequence timeline ID" errors in standby mode

9.1.7:

全てのリリースノートはこちらをご参照ください:

  • CREATE/DROP INDEX CONCURRENTLYと関連のある様々なバグが修正されました。
  • WALリプレイ中にバッファのロックを修正。
  • GINインデックスに対するWAL生成ロジックでのエラーを修正。
  • 通常実行状態にホットスタンバイサーバを昇進させる場合に、起動処理の仮想XIDロックを適切に削除されます。
  • スタンバイモードで"out-of-sequence timeline ID"エラーを防ぎます。
  • ポストマスターが、シャットダウンシグナルを受けた後に新しい子プロセスを作成するのを防ぎます。
  • メモリ不足の場合に内部ハッシュテーブルの破壊を防ぐ修正。
  • 削除されたテーブルのファイル記述子が終了済みトランザクションから保持されるのを防ぐ修正。

Full Release Notes

  • Fix multiple bugs associated with CREATE INDEX CONCURRENTLY
  • Fix buffer locking during WAL replay
  • Fix an error in WAL generation logic for GIN indexes
  • Properly remove startup process's virtual XID lock when promoting a hot standby server to normal running
  • Avoid bogus "out-of-sequence timeline ID" errors in standby mode
  • Prevent the postmaster from launching new child processes after it's received a shutdown signal
  • Avoid corruption of internal hash tables when out of memory
  • Prevent file descriptors for dropped tables from being held open past transaction end

9.0.11:

全てのリリースノートはこちらをご参照ください:

  • CREATE/DROP INDEX CONCURRENTLYと関連のある様々なバグが修正されました。
  • GINインデックスに対するWAL生成ロジックでのエラーを修正。
  • 通常実行状態にホットスタンバイサーバを昇進させる場合に、起動処理の仮想XIDロックを適切に削除されます。
  • スタンバイモードで"out-of-sequence timeline ID"エラーを防ぎます。
  • ポストマスターが、シャットダウンシグナルを受けた後に新しい子プロセスを作成するのを防ぎます。
  • メモリ不足の場合に内部ハッシュテーブルの破壊を防ぐ修正。
  • 外部結合に対し非厳密な等価条件のプランニングの修正。

Full Release Notes

  • Fix multiple bugs associated with CREATE INDEX CONCURRENTLY
  • Fix buffer locking during WAL replay
  • Fix an error in WAL generation logic for GIN indexes
  • Properly remove startup process's virtual XID lock when promoting a hot standby server to normal running
  • Avoid bogus "out-of-sequence timeline ID" errors in standby mode
  • Prevent the postmaster from launching new child processes after it's received a shutdown signal
  • Avoid corruption of internal hash tables when out of memory
  • Fix planning of non-strict equivalence clauses above outer joins

8.4.15:

全てのリリースノートはこちらをご参照ください:

  • CREATE/DROP INDEX CONCURRENTLYと関連のある様々なバグが修正されました。
  • メモリ不足の場合に内部ハッシュテーブルの破壊を防ぐ修正。
  • 外部結合に対し非厳密な等価条件のプランニングの修正。
  • 等価クラスから排他制約を証明するためのプランナの性能が改善しました。
  • 異なる型を正確に扱うためのハッシュされたサブプランで部分的に一致する行の修正。
  • AFTER ROW UPDATE/DELETEトリガに対し古いタプルを再読み出しする場合にバッファロックを取得します。
  • 継承されたチェック制約を正確に扱うためのALTER COLUMN TYPEの修正。
  • テーブルスペースでgrantを扱うためのREASSIGN OWNEDを修正。

Full Release Notes

  • Fix multiple bugs associated with CREATE INDEX CONCURRENTLY
  • Avoid corruption of internal hash tables when out of memory
  • Fix planning of non-strict equivalence clauses above outer joins
  • Improve planner's ability to prove exclusion constraints from equivalence classes
  • Fix partial-row matching in hashed subplans to handle cross-type cases correctly
  • Acquire buffer lock when re-fetching the old tuple for an AFTER ROW UPDATE/DELETE trigger
  • Fix ALTER COLUMN TYPE to handle inherited check constraints properly
  • Fix REASSIGN OWNED to handle grants on tablespaces

8.3.22:

全てのリリースノートはこちらをご参照ください:

  • CREATE/DROP INDEX CONCURRENTLYと関連のある様々なバグが修正されました。
  • メモリ不足の場合に内部ハッシュテーブルの破壊を防ぐ修正。
  • 外部結合に対し非厳密な等価条件のプランニングの修正。
  • 等価クラスから排他制約を証明するためのプランナの性能が改善しました。
  • 異なる型を正確に扱うためのハッシュされたサブプランで部分的に一致する行の修正。
  • AFTER ROW UPDATE/DELETEトリガに対し古いタプルを再読み出しする場合にバッファロックを取得します。
  • テーブルスペースでgrantを扱うためのREASSIGN OWNEDを修正。
  • システムビューのカラムに対し適切ではないpg_attributeエントリを無視します。

Full Release Notes

  • Fix multiple bugs associated with CREATE INDEX CONCURRENTLY
  • Avoid corruption of internal hash tables when out of memory
  • Fix planning of non-strict equivalence clauses above outer joins
  • Improve planner's ability to prove exclusion constraints from equivalence classes
  • Fix partial-row matching in hashed subplans to handle cross-type cases correctly
  • Acquire buffer lock when re-fetching the old tuple for an AFTER ROW UPDATE/DELETE trigger
  • Fix REASSIGN OWNED to handle grants on tablespaces
  • Ignore incorrect pg_attribute entries for system columns for views
Join the Network World communities on Facebook and LinkedIn to comment on topics that are top of mind.
Must read: Hidden Cause of Slow Internet and how to fix it
Notice to our Readers
We're now using social media to take your comments and feedback. Learn more about this here.