Open Source Subnet An independent Open Source community View more

Notification: PostgreSQL 8.4.14, 9.1.6, 9.0.10

PostgreSQLバージョン8.4.14, 9.1.6, 9.0.10

プロジェクトホーム:http://www.postgresql.org/

ライセンス:https://olex.openlogic.com/licenses/postgresql-bsd-license

PostgreSQLプロジェクトは以下を含むリレーショナル・データベース管理システム (RDBMS) を提供します:

  • サブクエリ
  • ビュー
  • 外部キー制約
  • ストアード・プロシージャー
  • トリガ
  • 標準SQLのサポート
  • クエリ・エンジン
  • マルチバージョン・コンカレンシー・コントロール

これに加えて、新しいデータタイプ、機能、インデックスメソッドがあります。

The PostgreSQL project provides a relational database management system (RDBMS) that offers the following:

  • subqueries
  • views
  • foreign key constraints
  • stored procedures
  • triggers
  • support for the SQL standards
  • a query engine
  • multiversion concurrency control

Additionally, it can be extended in many ways by adding new data types, functions, index methods, and more.


8.4.14:

リリースノート 

  • プランナのexecutorパラメータの割り当ての修正とexecutorのCTEプランノードに対する再スキャンロジックの修正。(Tom Lane)
  • これらのエラーは、WITHのサブクエリを複数回スキャンすることで、誤った応答が発生する可能性がありました。
  • GiSTインデックスでのページ分割判定が改善されました。(Alexander Korotkov, Robert Haas, Tom Lane)
  • 複数列のGiSTインデックスがこのエラーによって予期せぬ膨張を起こす可能性がありました。
  • 権限が保持されている場合、剥奪を止めるためのカスケード的権限剥奪の修正。(Tom Lane)
  • あるロールからのgrantオプションを取り消すが、他のユーザからgrantオプションを保持した場合、他のユーザのgrantオプションから与えられた特権を取り消すべきではありません。
  • PL/Perlが使用されている場合のSIGFPEの扱いが修正されました。(Andres Freund)
  • PerlがSIGFPEハンドラをSIG_IGNにリセットします。これは後にクラッシュを発生する可能性がありました。PL/Perl初期化後に通常のPostgresのシグナルハンドラをリストアするようにしました。
  • 再帰的PL/Perl関数が実行中に再定義する場合、クラッシュの発生を防ぎます。 (Tom Lane)
  • PL/Perlで可能性のある誤った最適化の回避。(Tom Lane)
  • いくつかのLinuxディストリビューションに不適切なバージョンの pthread.hが含まれています。PL/Perlで不適切にコンパイルされたコードを引き起こしていました。PL/Perl関数がエラーを発生させる他の関数を呼び出す場合にクラッシュが起こる可能性がありました。
  • フィジーでの夏時間の変更のため、タイムゾーンデータファイルがtzdata release 2012fに更新されました。

Full Release notes

  • Fix planner's assignment of executor parameters, and fix executor's rescan logic for CTE plan nodes (Tom Lane)
  • These errors could result in wrong answers from queries that scan the same WITH subquery multiple times.
  • Improve page-splitting decisions in GiST indexes (Alexander Korotkov, Robert Haas, Tom Lane)
  • Multi-column GiST indexes might suffer unexpected bloat due to this error.
  • Fix cascading privilege revoke to stop if privileges are still held (Tom Lane)
  • If we revoke a grant option from some role X, but X still holds that option via a grant from someone else, we should not recursively revoke the corresponding privilege from role(s) Y that X had granted it to.
  • Fix handling of SIGFPE when PL/Perl is in use (Andres Freund)
  • Perl resets the process's SIGFPE handler to SIG_IGN, which could result in crashes later on. Restore the normal Postgres signal handler after initializing PL/Perl.
  • Prevent PL/Perl from crashing if a recursive PL/Perl function is redefined while being executed (Tom Lane)
  • Work around possible misoptimization in PL/Perl (Tom Lane)
  • Some Linux distributions contain an incorrect version of pthread.h that results in incorrect compiled code in PL/Perl, leading to crashes if a PL/Perl function calls another one that throws an error.
  • Update time zone data files to tzdata release 2012f for DST law changes in Fiji

9.1.6:

リリースノート 

  • WALの再実行中の共有バッファの永続マーキングが修正されました。
  • この問題はチェックポイント時に書き込まれなかったバッファを引き起こす可能性があります。そしてこれらのバッファの書き込みなしで後にサーバがクラッシュする場合、データ破損が発生する可能性がありました。クラッシュリカバリ後に全てのサーバで破損が発生する可能性がありました。WALの再実行をさらに多く行う場合、スタンバイスレーブサーバで破損が発生する可能性が高いです。btreeやGINインデックスが破損する可能性も多少あります。テーブルの"ビジビリティマップ"が破損する可能性は高いです。幸いにも9.1でビジビリティマップは重大なデータではありません。ビジビリティマップが破損しても、データは失われません。唯一発生する可能性のある問題は、vacuumを使用した場合に一時的に効果的に行われない場合があることです。
  • このバグが原因でインデクス破損が起きない場合でも、9.1.6にアップグレー後、全てのbtreeやGINインデックスでREINDEXを行うことが推奨されています。
  • もし9.2.Xにアップグレードを行う場合、これを行う前にvacuum_freeze_table_ageを0に設定して全てのテーブルでVACUUMを行うことが推奨されています。これは9.2.Xが使用する前にビジビリティマップデータが修正されたかを確認します。vacuumingが行われる場合、パフォーマンスの影響を減らすためにvacuum_cost_delayが調整されますが、時間がかかります。

Full Release notes

  • Fix persistence marking of shared buffers during WAL replay (Jeff Davis)
  • This mistake can result in buffers not being written out during checkpoints, resulting in data corruption if the server later crashes without ever having written those buffers. Corruption can occur on any server following crash recovery, but it is significantly more likely to occur on standby slave servers since those perform much more WAL replay. There is a low probability of corruption of btree and GIN indexes. There is a much higher probability of corruption of table "visibility maps". Fortunately, visibility maps are non-critical data in 9.1, so the worst consequence of such corruption in 9.1 installations is transient inefficiency of vacuuming. Table data proper cannot be corrupted by this bug.
  • While no index corruption due to this bug is known to have occurred in the field, as a precautionary measure it is recommended that production installations REINDEX all btree and GIN indexes at a convenient time after upgrading to 9.1.6.
  • Also, if you intend to do an in-place upgrade to 9.2.X, before doing so it is recommended to perform a VACUUM of all tables while having vacuum_freeze_table_age set to zero. This will ensure that any lingering wrong data in the visibility maps is corrected before 9.2.X can depend on it. vacuum_cost_delay can be adjusted to reduce the performance impact of vacuuming, while causing it to take longer to finish.

9.0.10:

リリースノート 

  • プランナのexecutorパラメータの割り当ての修正とexecutorのCTEプランノードに対する再スキャンロジックの修正。(Tom Lane)
  • これらのエラーは、WITHのサブクエリを複数回スキャンすることで、誤った応答が発生する可能性がありました。
  • GiSTインデックスでのページ分割判定が改善されました。(Alexander Korotkov, Robert Haas, Tom Lane)
  • 複数列のGiSTインデックスがこのエラーによって予期せぬ膨張を起こす可能性がありました。
  • 権限が保持されている場合、剥奪を止めるためのカスケード的権限剥奪の修正。(Tom Lane)
  • あるロールからのgrantオプションを取り消すが、他のユーザからgrantオプションを保持した場合、他のユーザのgrantオプションから与えられた特権を取り消すべきではありません。
  • Hot Standbyの誤った設定に対するエラーメッセージが改善されました。
  • PL/Perlが使用されている場合のSIGFPEの扱いが修正されました。(Andres Freund)
  • PerlがSIGFPEハンドラをSIG_IGNにリセットします。これは後にクラッシュを発生する可能性がありました。PL/Perl初期化後に通常のPostgresのシグナルハンドラをリストアするようにしました。

Full Release notes

  • Fix planner's assignment of executor parameters, and fix executor's rescan logic for CTE plan nodes (Tom Lane)
  • These errors could result in wrong answers from queries that scan the same WITH subquery multiple times.
  • Improve page-splitting decisions in GiST indexes (Alexander Korotkov, Robert Haas, Tom Lane)
  • Multi-column GiST indexes might suffer unexpected bloat due to this error.
  • Fix cascading privilege revoke to stop if privileges are still held (Tom Lane)
  • If we revoke a grant option from some role X, but X still holds that option via a grant from someone else, we should not recursively revoke the corresponding privilege from role(s) Y that X had granted it to.
  • Improve error messages for Hot Standby misconfiguration errors (Gurjeet Singh)
  • Fix handling of SIGFPE when PL/Perl is in use (Andres Freund)
  • Perl resets the process's SIGFPE handler to SIG_IGN, which could result in crashes later on. Restore the normal Postgres signal handler after initializing PL/Perl.
Join the Network World communities on Facebook and LinkedIn to comment on topics that are top of mind.
Must read: Hidden Cause of Slow Internet and how to fix it
Notice to our Readers
We're now using social media to take your comments and feedback. Learn more about this here.