Open Source Subnet An independent Open Source community View more

Notification: Squid 3.2.2, 3.2.3

Squid Web Proxy Cache 3.2.2, 3.2.3

プロジェクトホーム: http://www.squid-cache.org/

ライセンス: https://olex.openlogic.com/licenses/gpl-v2-license

Squidは、キャッシュや頻繁 に観覧されるwebページの再利用によって帯域幅を減らし、レスポンス時間を改善させるWebのキャッシュプロキシです。この多くの機能を持つプロキシサーバは許可、ログ、広範囲なアクセス制御などの多くの機能を提供します。

Squidはクライアントとサーバ間のデータの流れを最適化したり、ネットワーク処理量を最適化するキャッシュサーバの階層を構築するため、コンテンツリクエストを送ります。

Squid is a caching proxy for the Web that reduces bandwidth and response times by caching and reusing frequently-requested web pages. This mature, full-featured proxy contains many useful features such as authentication, logging, and extensive access controls.

Use Squid to optimize data flow between clients and servers and route content requests to servers to build cache server hierarchies to optimize network throughput.

3.2.2:

全てのリリースノートはこちらをご参照ください。

  • Bug #3661: 1つ以上のワーカを使用した場合セグメンテーション違反が発生しました。
  • ウェブサイトのデフォルト設定の表示が修正されました。
  • src ACL parse Portability: squid provides strtoll()での小さなメモリリークが修正されました。
  • ACLFilledChecklist::fdに関連したドキュメントの改善。
  • Bug #3658: リトライ成功後にもERR_ZERO_SIZEエラーが発生した問題が修正されました。
  • リグレッションの修正: dstdomainの複製とオーバーラップする名前の扱いが改善されました。
  • Bug #3648: 文字列クラスファイルの改善。
  • Bug #3647: hier_code acl解析の失敗が修正されました。
  • ERR_ZERO_SIZE_OBJECTエラーを防ぐためPUTsに対し永続的接続を再利用しません。
  • Content-Rangeヘッダを持たないDo not chunk応答を修正しました。
  • FDのデフォルト最大値に対する設定の修正。
  • maximum_single_addr_triesアップグレードの修正。
  • Bug #3622: 複数のイベントを変更するpeerClearRRStartに関する修正。
  • Bug #3626: 遮断されたトラフィックでのループ転送の修正。
  • CpuAffinitySet::applied()をnon-constにします。
  • 様々なRADIUSヘルパーの改善。
  • ソースフォーマットの改善。
  • Bug #3616: HttpRequestに関連したオブジェクトからACLをチェックするためのクライアント 接続が取得されます。
  • リグレッションの修正: login=PASSはクレデンシャルが利用可能でない場合、その情報を送信しません。
  • Bug #3605: Negotiate認証でのメモリリークの修正。
  • MacOS: AddrInfoデフォルトフラグの修正。
  • clangコンパイラに対するサポートの改善。

Full Release notes

  • Bug #3661: Segmentation fault when using more than 1 worker
  • Fix website config display of default settings
  • Polish the ACLFilledChecklist::fd related documentation
  • Small memory leak in src ACL parse Portability: squid provides strtoll()
  • Bug #3658: ERR_ZERO_SIZE errors propagates out even after successful retry
  • Regression fix: Handle dstdomain duplicates and overlapping names better Prep for 3.1.21 and 3.2 release notes
  • Bug #3648: Polish String class files
  • Bug #3647: parsing hier_code acl fails
  • Do not reuse persistent connections for PUTs to avoid ERR_ZERO_SIZE_OBJECT.
  • Do not chunk responses carrying a Content-Range header.
  • Bug #3615: configure check for default max number of FDs is broken
  • Fix maximum_single_addr_tries upgrade
  • Bug #3622: peerClearRRStart scheduling multiple events
  • Bug #3626: Forwarding loops on intercepted traffic
  • Make CpuAffinitySet::applied() method non-const.
  • Bug #3609: several RADIUS helper improvements
  • SourceFormat Enforcement
  • Bug #3616: Retrieve client connection for ACL checks from the related HttpRequest object
  • Regression: login=PASS send no credentials when none available.
  • Bug #3605: memory leak in Negotiate authentication
  • MacOS: fix AddrInfo default flags
  • Improve support for clang compilers

3.2.3:

全てのリリースノートはこちらをご参照ください。

  • refresh_pattern ignore-no-cacheの削除。
  • HTTP/1.1: Cache-Controlコンプライアンスのアップグレード。
  • Bug #3655: pinningの失敗はNTLM認証やNegotiate認証を破壊する問題が修正されました。
  • ソースフォーマットの改善。
  • ufs cache_dirエントリが共有メモリキャッシュのエントリと共存可能になりました。
  • HTTP/1.1: Pragma:no-cache前のCache-Controlの使用。
  • 静的コード解析: varargsクリーンアップ、読みやすさの改善。
  • out-of-treeビルドの--enable-build-infoの修正。
  • 括弧無しの状態のアサイメントの修正。
  • ipv6 squidclientの修正。
  • FreeBSD: net/if_dl.hはparam.hが必要になります。
  • トランクr12255の削除。ポータブルでフレクシブルな配列が提供されました。
  • 'reply content_length is too big'の状態を2度チェックしません。

Full Release notes

  • Remove the refresh_pattern ignore-no-cache option
  • HTTP/1.1: Cache-Control compliance upgrade
  • Bug #3655: pinning failure breaks NTLM and Negotiate authentication
  • SourceFormat Enforcement
  • Allow a ufs cache_dir entry to coexist with a shared memory cache entry
  • HTTP/1.1: honour Cache-Control before Pragma:no-cache
  • Static Code Analysis: varargs cleanup, improvements to readability
  • Correct --enable-build-info on out-of-tree builds
  • Fix using assignment as a condition without parentheses
  • Fix ipv6 enabled squidclient.
  • FreeBSD: net/if_dl.h seems to require param.h
  • Reverted trunk r12255 changes. Provided a portable flexible arrays replacement.
  • Do not check 'reply content_length is too big' condition twice.
Join the Network World communities on Facebook and LinkedIn to comment on topics that are top of mind.
Must read: Hidden Cause of Slow Internet and how to fix it
Notice to our Readers
We're now using social media to take your comments and feedback. Learn more about this here.