Open Source Subnet An independent Open Source community View more

Notification: Tomcat 7.0.32, 6.0.36, 5.5.36 - MySQL 5.1.66

Tomcatバージョン7.0.32, 6.0.36, 5.5.36

プロジェクトホーム:http://tomcat.apache.org/

ライセンス:https://olex.openlogic.com/licenses/278

サン・マイクロシス テムズはJava開発者のために、リ ファレンス実装を行うTomcat JSP/Servletコンテナーを選びま した。ウェブ・アプリケーション・ ポータビリティーが必要な場合、開発環境でTomcatを使用することがで きるということは適切な選択です。 アプリケーションサーバで発見されるセキュリティー問題は希ではないので、最新の利用可能なバージョンへのアップグレー ドを推奨します。

Sun chose the Tomcat JSP/Servlet container to serve as the Reference Implementation for Java developers. This makes using Tomcat as your development environment a solid choice if you desire Web application portability. As it is not atypical for security issues to be discovered in application servers, OpenLogic recommends upgrading to the latest available version of Tomcat.

Tomcatは最新のServletJSP仕様をサポートし、JSP Standard Tag LibraryJakarta JSTL)のような新しい機 能を得ています。そして主なコンテ ナー・ベンダーによって、最終的にインプレメントされる新しい機能を試すのに最適な場所となります。JBossアプリケーション サーバーは、統一J2EEコンテナーを提供す Tomcatと共に適切な処理を 行います。

Tomcat generally supports the latest servlet and JSP specifications, often receiving new features like JSP Standard Tag Library (Jakarta JSTL) first, which makes it a wonderful place to try out new features that will eventually be implemented by all the major container vendors. JBoss Application Server works well with Tomcat to provide a unified J2EE container.

7.0.32:

7.0.32リリースノートはこちらをご参照ください。

下記はリリースノートのコンテ ンツです:

  • 依存性の変更
  • APIの安定性
  • バンドルされたAPI
  • Webアプリケーションの再読み込み と共有ライブラリでの静的フィールド
  • LinuxでのTomcat
  • 利用可能SSIとCGIのサポート
  • セキュリティマネジャのURL
  • Symlinking静的リソース
  • 変更ログの記録
  • 暗号化ソフトウェアの通知

7.0.32 Release Notes

Contents of project-root/RELEASE-NOTES

  • Dependency Changes
  • API Stability
  • JNI Based Applications
  • Bundled APIs
  • Web application reloading and static fields in shared libraries
  • Tomcat on Linux
  • Enabling SSI and CGI Support
  • Security manager URLs
  • Symlinking static resources
  • Viewing the Tomcat Change Log
  • Cryptographic software notice

6.0.36:

Tomcat 6.0はJava SE 5.0またはそれ以降のバージョンで 実行されるように設計されています。

それに加えて、Tomcat 6.0はJSPページをコンパイルするためにEclipse JDT Javaコンパイラを使用します。Java Development Kit (JDK)でTomcatを実行する必要はなく、Java Runtime Environment (JRE)のみで十分です。Eclipse JDT JavaコンパイラはTomcatのバイナリディストリビューションと共にバンドルされています。TomcatはJSPやApache Antによってサポートされた他のJavaコンパイラをコンパイルするためJDKからコンパイラを使用できる設定されています。

Tomcat 6.0 is designed to run on Java SE 5.0 and later.

In addition, Tomcat 6.0 uses the Eclipse JDT Java compiler for compiling JSP pages. This means you no longer need to have the complete Java Development Kit (JDK) to run Tomcat, but a Java Runtime Environment (JRE) is sufficient. The Eclipse JDT Java compiler is bundled with the binary Tomcat distributions. Tomcat can also be configured to use the compiler from the JDK to compile JSPs, or any other Java compiler supported by Apache Ant.

5.5.36:

5.5.36のリリースノートはこちらをご参照ください。

Apache Commons Daemon 1.0.10の更新(markt)

Apache Commons Pool 1.5.7の更新(markt)

Apache Tomcat Native 1.1.24の更新(markt)

Eclipse JDT 3.7.2の更新(markt)

5.5.36 Release Notes

 

Update to Apache Commons Daemon 1.0.10. (markt)

 

Update to Apache Commons Pool 1.5.7. (markt)

 

Update to Apache Tomcat Native 1.1.24. (markt)

 

Update to Eclipse JDT 3.7.2. (markt)


MySQLバージョン5.1.66

プロジェクトホーム:http://www.mysql.com

ライセンス:https://olex.openlogic.com/licenses/49

世界で最もポピュラー なオープンソースデータベースであるMySQLサー バーは、生産性を向上するために、開発や導入、アプリケーションの管理などの多くの機能を企業の開発者、データベース管理者、ISVに与えます。

MySQLサー バーは企業グレードの信頼性とSQL 2003の高い機能を持ったパフォーマンスを合わせ持つ、ビジネス クリティカルなアプリケーションのための最もコスト効率が高いデータベースソリューションです。

MySQLサー バーのデータベースは、高速にそして簡単に使用でき、信頼できる性能を継続的に提供しています。大企業から特殊な組み込みアプリケーションまで1000万以上のプロジェクトがインストールされ、MySQLサーバーは世界中で使用され ています(南極大陸を含む)。

MySQLは サーバーは LAMPスタック (Linux, Apache, MySQL, PHP / Perl / Python) で構築されたアプリケーションの、新しい世代のためのデータベースになりました。20以上のプラットフォーム(Linux, Windows, OS/X, HP-UX, AIX and Netware)で実行できます。そして多くの適応性を与えてくれます。

One of the world's most popular open source databases, MySQL Server gives corporate developers, DBAs and Independent Software Vendors (ISVs) an array of new enterprise features to increase their productivity whether they are developing, deploying, or managing industrial strength applications.

MySQL Server combines enterprise grade reliability and performance with advanced SQL 2003 features, making it the most cost-effective database solution for your business critical applications.

The MySQL Server database earned its popularity by being fast, easy to use and delivering consistently reliable performance. Installed in more than 10 million projects ranging from large corporations to specialized embedded applications, MySQL Server has a presence on every continent in the world (including Antarctica).

MySQL Server has also become the database of choice for a new generation of applications built on the LAMP stack (Linux, Apache, MySQL, PHP / Perl / Python). Finally, it runs on more than 20 platforms (including Linux, Windows, OS/X, HP-UX, AIX and Netware), giving you a lot of flexibility.

全てのリリー スノートはこちらをご参照ください。

  • InnoDBの修正
  • パーティショニングの修正
  • リファランス の修正
  • レプリケーションの修正
  • 小さいsort_buffer_sizeの値はサーバのクラッシュを引き起こす可能性がありました。(Bug #14111180)
  • libmysqlclient_rクライアントライブラリがOpenSSLと競合するシンボルをyaSSLからからエキスポートしました。プログラムが このライブラリやlibcurlに対しリンクされている場合、セグメンテーション違反でクラッシュする可能性がありました。(Bug #14068244)
  • LIMITの引数は整数である必要があります。しかしこの引数がプリペアドステートメントでプレースホルダによって与えられた場合、'5'のような非整数の値をサーバが拒否しませんでした。(Bug #13868860)
  • ビューを介してINFORMATION_SCHEMAテーブルへのアクセスはメモリリークを発生させる可能性がありました。(Bug #13734987)
  • 基になるテーブルが2つのカラムで複合インデックスを持ち、クエリがカラムでAND条件を含んでいた場合に、FEDERATEDテーブルに対するクエリは誤った結果を返す可能性がありました。(Bug #12876932)
  • --ssl-keyオプションに 対する引数が存在するかや、鍵が有効かを検証されませんでした。生成される接続がSSLを使用しまし た。しかしこの鍵は使用されませんでした。(Bug #62743, Bug #13115401)
  • デバッグのビ ルドで、オープン範囲の禁止に対してInnoDBアサーションが過剰でした。(Bug #66513, Bug #14547952)
  • LIMIT句をGROUP BYやORDER BYを含むクエリに追加することで、クエリの処理に対してオプティマイザが誤ったインデックスを選択する可能性があり、必要以上の行を返す可能性がありました。(Bug #54599, Bug #11762052)
  • 標準入力がパイプの場合、mysqlbinlogは標準入力で入力を受け付けませんでした。(Bug #49336, Bug #11757312)

Full Release notes

  • InnoDB fixes
  • Partitioning fixes
  • References fix
  • Replication fix
  • Small sort_buffer_size values could result in a server crash. (Bug #14111180)
  • The libmysqlclient_r client library exported symbols from yaSSL that conflict with OpenSSL. If a program linked against that library and libcurl, it could crash with a segmentation fault. (Bug #14068244)
  • The argument for LIMIT must be an integer, but if the argument was given by a placeholder in a prepared statement, the server did not reject noninteger values such as '5'. (Bug #13868860)
  • Access to INFORMATION_SCHEMA tables through a view could leak memory. (Bug #13734987)
  • A query for a FEDERATED table could return incorrect results when the underlying table had a compound index on two columns and the query included an AND condition on the columns. (Bug #12876932)
  • The argument to the --ssl-key option was not verified to exist and be a valid key. The resulting connection used SSL, but the key was not used. (Bug #62743, Bug #13115401)
  • In debug builds, an InnoDB assertion was overly aggressive about prohibiting an open range. (Bug #66513, Bug #14547952)
  • Adding a LIMIT clause to a query containing GROUP BY and ORDER BY could cause the optimizer to choose an incorrect index for processing the query, and return more rows than required. (Bug #54599, Bug #11762052)
  • mysqlbinlog did not accept input on the standard input when the standard input was a pipe. (Bug #49336, Bug #11757312)
To comment on this article and other Network World content, visit our Facebook page or our Twitter stream.
Must read: Hidden Cause of Slow Internet and how to fix it
Notice to our Readers
We're now using social media to take your comments and feedback. Learn more about this here.